年金受給者がプロミスに申し込む事のできる条件とは?

消費者金融では申し込みの際それぞれに年齢制限を設けており、

 

 

プロミスでは20歳以上69歳以下が申し込みの条件となっています。


また、年齢以外の申し込み条件としては安定した収入がある事が総量規制の対象であるプロミスでは必須となっているのです。ただプロミスの年齢条件が69歳以下という事は、年金受給者もその中に含まれるという事になります。

 

 

年金は安定した収入になるのかしら・・・


年金は国から支給されるお金であり、ある意味仕事で得る収入よりも安定性は高いと言えますね。こうした事から中には年金を安定した収入としている業者もありますが、残念ながらプロミスでは年金を安定した収入とは見なしていないのです。

年金受給者のプロミス申込みは可能か?

しかし、だからといって年金受給者はプロミスに申し込む事が出来ないという訳ではありませんから安心して下さい。プロミスの安定した収入とは、正社員として働いているだけではなく金額や雇用形態に関わらず

 

 

自分で働いて得ている収入があるかどうかを指しています。


そのため年金受給であってもパートやバイト、派遣として働いている場合には年齢が69歳以下であれば申し込みを行う事は問題なく可能です。但し、短期で一時的に働いている場合などは審査に通過する事は難しくなることは説明するまでもありません。

家賃収入は安定した収入といえるか?

また、例えば働いていなくても家賃収入などの定期的な収入がある年金受給者もいることでしょう。この場合、収入の大きさや状況によっては申し込みを行う事が可能かどうかは疑問に思うところです。

 

家賃収入などは自らが職を持って働いているわけではないので基本的に安定した収入とは見なされない収入ですが、その収入の大きさやその状況によっては安定した収入とみなされる可能性がないとも限りません。

 

 

毎月得ている不動産収入があるんだけど・・・


あくまでもプロミスでは明記していない事項なので、雇用されていない年金受給者で家賃収入などがある場合は申込む前に問い合わせてみるのが賢明です。状況によって適切な回答をして貰えるかもしれないので

 

 

行動を起こす前に諦める必要はありません。


このようにしてプロミスでは年金だけでは安定した収入とは見なされず申込みは不可能ですが、年金や就業以外の収入がある場合にはどのような収入かを明らかにしてプロミスへ問い合わせてから申込むようにしましょう。