プロミスとアイフルは申込手段も豊富

アイフルとプロミスは、両方共にテレビCMでも知名度がある大手消費者金融にあたり、借入能力を判断するお試し審査の結果が出るまでの時間が快速で、本審査回答も最短30分と対応が早いです。また申込手段もスマホやパソコン、女性専用窓口、自動契約コーナーと多種多様に用意されており、来店不要で24時間好きな時にWEB上で契約申請が可能です。

 

 

プロミスとアイフルのサービスって甲乙つけ難いよなぁ・・・


サービスの利便性や顧客のメリットも大きいプロミスのほうがやっぱり各上!

ただプロミスは14時迄のWEB契約完了で即日振込が約束されているので、急ぎの人にはより利便性があります。そしてプロミスとアイフルでは実質年率には若干の違いがあり、アイフルは上限金利18%と普通ですが、プロミスは僅かに低金利の17.8%です。

 

 

アイフルよりもプロミスのサービスのほうが利便性は断然高いよ!


ですので、融資枠が低めのキャッシング初心者には上限金利で貸し出される事が殆どなので、プロミスのほうが少し利息負担が軽くなる傾向があります。更にプロミスなら、メールアドレスの登録とWEB明細利用の新規登録で30日間の無利息特典が付帯されるので、初回利用者には複数のメリットがあってお得です。

 

 

家族や他人に知られたくない場合に配慮されたサービスが豊富なのはアイフルのほうだと思うけどなぁ・・・


一方でアイフルの長所は、何と言っても通常のキャッシングローンの他に借換・お纏めローンが充実しており、平均以上の年収を得ている人は金利が優遇されて借入できるプレミアムローンなども用意されており、ローンの種類が多彩な点です。

 

 

プロミスは申込時にカードレスや郵送物なしを指定できるからアイフルの郵送物時間指定のサービスなんかはプロミスのサービスの足元にも及ばないよ!


また、アイフルは郵送が必要なキャッシングカードや契約書類も、本人限定郵便物として時間指定で送付して貰う事ができるので、プロミスと比較してもプライバシー配慮が徹底されている印象が強いですが、プロミスならネット申込みでカードレスや郵送物ナシを指定できるのでプライバシー配慮に関してもプロミスには及びません。

 

 

そ、そうか。俺の認識違いかぁ・・・


しかしプロミスもアイフルも個人向けだけでなく、事業者向けへの融資サービスも積極的に展開しており、目的別ローンも組む事が可能なので、個々の様々な用途によって有効な借入ができる消費者金融業者に間違いありません。